ファクタリング

ファクタリング スピード審査|即日で資金調達を受けるためのコツとおすすめファクタリング会社

ファクタリング スピード審査
ファクタリングのメリットはいくつかありますが、一番多いのは資金調達の早さです。

資金繰りは1日を争うことになりますから、早く手続きが進むのが重要です。

ファクタリングで最初に必要な審査もスピード審査が可能なファクタリング会社が増えています。

そこでこの記事ではスピード審査可能なファクタリング会社と審査のコツを徹底解説します。

ファクタリングのスピード審査は即日資金調達できるのか?

ファクタリングの最大のメリットは、売上債権をスピーディに現金化できることです。

会社間の取引は現金で決済されることは少なく、一般的に掛取引で行われます。

売掛債権は60日程度の期間をおいて入金されることが多く、それまでの間は売り上げた分の現金を手に入れることができません。

しかし、仕入れや経費など業務を継続するための支払いをするために、資金は常に必要です。

銀行からの融資を使って必要な資金を調達する方法もありますが、銀行の審査は申し込みから入金まで早くても1カ月以上かかることが多く、急ぎの資金需要に対応するには向いていません。

ファクタリングを使えば、会社は持っている売掛債権を支払期日まで待たずに現金化できるため、資金調達を迅速化できます。

担保なし保証人なしで現金化できるファクタリングサービスがあると、資金の回転も早くなります。

ではファクタリングでは、具体的にどれくらい早く入金してもらうことができるでしょうか。

実は、なんと最短で即日入金してもらうことも可能なのです。

平日の午前中に審査を申し込み、審査に必要な手続きがスムーズに終われば、銀行の営業終了時間までに即日で入金してもらえる可能性があります。

仮に当日中に間に合わないとしても、銀行融資のように1カ月かかかってしまうことはありません。

実はファクタリングと金融機関との手続きの早さの差は、スピード審査にあるのです。

ファクタリングでスピード審査のための準備

ファクタリングは迅速な入金がメリットとはいえ、必ずしも最短で入金してもらえるとは限りません。

なぜならばファクタリングにも銀行融資と同じく審査の手続きは存在し、適切な手続きを踏まないと入金が遅れることもあるからです。

手続きをスムーズに進められるよう、以下のような点に注意しておくことをおすすめします。

ファクタリングに必要な書類を準備しておく

ファクタリング申し込み後の流れとしては、申し込み→仮審査→本審査→契約→入金となるのが一般的です。

審査の段階で、以下のような書類が必要になります。

・直近の決算書

・債権の根拠となる取引の存在を証明できる書類(注文書、見積書、請求書など)

・取引先との取引にかかる基本契約書

・直近3ヶ月の入金状況がわかる通帳のコピー

・商業登記簿謄本

書類がそろわないうちは審査が進められず、時間をロスしてしまいます。

申し込みしてから書類をそろえると時間がかかってしまうので、事前に準備しておきましょう。

買い取ってもらう債権の金額に気をつける

申し込みする前に注意しておくべき点ですが、ファクタリング業者に買い取ってもらう金額があまりに大きい場合、即日現金化するのは難しくなるでしょう。

金額が大きいほどファクタリング業者にとってのリスクも大きくなるため慎重に審査しようとする動きにつながり、その分手続き全体が遅くなるのです。

何億円というような多額の債権を譲渡しようとすると、断られることもあるでしょう。

スピード審査を目指すのであれば、ある程度合理的な金額で申し込むようにしましょう。

必要以上に大きな金額の債権を買い取ってもらおうとするのはおすすめできません。

また当たり前の話ですが、支払いが保留されている不良債権は、審査に落ちる恐れが高いです。

面談では誠実な態度を心がける

ファクタリングを申し込む場合、審査の一環としてファクタリング会社の担当者と面談することが多いです。

面談の際は誠実な態度で、担当者から聞かれたことに正直に答えましょう。

ファクタリングでは利用者のモラルや人格も大事な審査項目です。

担当者からの信頼を得られなければ、資金調達するのは難しくなってしまいます。

また、苦しい資金繰りをごまかそうとするなどして嘘をつくと、説明の内容に矛盾が出てきてしまいます。

不審に思った担当者が色々と質問を重ね、結果として審査手続きが長引いてしまうことにもなりかねません。

面談は誠実な人格をアピールできるよう、ありのまま見てもらえるようにしましょう。

オンラインファクタリングは非対面なので書類が重要

最近のファクタリング会社の中には、オンラインですべての手続きが完了するファクタリングを提供しています。

対面などにかかるコストが低く、全国の企業や個人事業主が申し込めるのでオフィスに居ながら資金調達できるので最近人気になっているファクタリングです。

オンラインファクタリングは面談がないので、揃えた書類で審査を行います。

そのため、スピード審査を受けるには必要書類が確実に揃っていることと、書類に不備がないかが重要です。

スピード審査が可能なファクタリング会社を選ぶコツ

スピード審査をしてもらうには、ファクタリング会社の選び方も重要なポイントになります。

まず、ホームページなどで「最短即日入金」の広告を掲載している業者から選ぶようにしましょう。

それ以外の業者は審査手続きに最短でも2~3日かかり、1週間かかることも少なくありません。

すぐに現金が必要な場合は、「最短即日」対応かどうか必ず確認するようにしてください。

ただし、中には悪徳業者がいて、「即日対応」を謳って法外な手数料をだまし取ろうとしている場合があります。

必ず事前に会社概要や口コミをチェックして、利用して問題ない業者か確認するようにしましょう。

次に、利用者の所在地の近隣に存在する業者であるということです。

前述のとおり、一般的なファクタリングには面談による審査があるため、先方の会社に出向く必要があります。

遠方の会社に申し込むと移動の時間がかかってしまうので、おすすめできません。

ただし中には面談不要で利用できる業者もいるので、事前にチェックしましょう。

ファクタリング スピード審査はオンラインファクタリングが便利

ファクタリングでスピード審査を実現するためは、事前の準備や業者選びの手間をかかさないことが大切です。

必要な手続きは会社によっても異なるので、不明な点があれば各会社に気軽に相談してみましょう。

特にオンラインファクタリングやクラウドファクタリングは周りにもバレないのでおすすめです。

Summary
Review Date
Reviewed Item
ファクタリング スピード審査|即日で資金調達を受けるためのコツとおすすめファクタリング会社
Author Rating
51star1star1star1star1star

-ファクタリング

Copyright© ファクタリングとは?図解で仕組みを理解|即日資金化のコツをファクタリング コンサルタントが伝授|factoring-consultant , 2020 All Rights Reserved.