ファクタリング

ファクタリング 審査早い|即日で資金調達可能なファクタリング会社の選び方

ファクタリング審査早い
ファクタリングは金融機関などの融資や借り入れに比べ、資金調達までの期間がとても短いのが特徴です。

では、ファクタリングで審査が早い会社はどのように選べばいいのでしょうか?

また、審査を早くするために必要な事前の準備も詳しくご紹介します。

ファクタリングは本当に即日資金調達できるのか?

ファクタリングで資金調達する最大のメリットは、他の調達方法に比べて入金までのスピードが非常に早いことです。

ファクタリング会社の中には、申し込んだ即日に入金することを大々的に宣伝しているところも数多くあります。

迅速に資金調達できるのは資金繰りに悩む会社にとってありがたいことです。

しかし、本当に即日で審査まで完了し資金調達できるのでしょうか?

即日での資金調達は決して嘘ではないのですが、申し込みを行う側も事前の準備が必要です。

今まで即日入金を謳っていたファクタリング会社は実際に即日資金化できた実例はほとんどありませんでした。

一般的なファクタリングでは申し込み後に審査があるほか、書類の準備や面談、契約書の作成などさまざまな手続きがあり、全て即日で終わらせるのは非常に難しいのです。

最短即日と広告を出しているファクタリング会社でも、実際にはどんなに早くても申し込み後2~3日程度かかるのが普通です。

特にファクタリング会社との面談は実際に会うことになるので、時間的制約が大きいのが現状です。

しかし、今はオンラインで完結できるオンラインファクタリングやクラウドファクタリングと呼ばれる会社が出てきました。

すべてインターネット上で手続きを進められるファクタリングのサービスで、こちらだと審査が早く、即日で資金化が可能です。

ファクタリング 審査早いための準備

ファクタリングの審査を早く進めるためにはファクタリング会社にすべてお任せではいけません。

必要な手続きをスムーズに終わらせることができれば、申し込んだその日に債権を現金化することが可能です。

手続きのスピードを上げるには、申し込みする前の事前準備が大切になります。

ここでは、即日入金してもらうために準備しておくべきことを解説します。

ファクタリング 審査の必要書類を準備する

ファクタリングの手続きには、さまざまな書類が必要になります。
業者によって求められる書類は少し異なりますが、代表的なものは以下のとおりです。

ファクタリング 審査時の必要書類

・直近の決算書
・債権の根拠となる取引の存在を証明できる書類(注文書、見積書、請求書など)
・取引先との取引にかかる基本契約書(売掛サイトなど条件がわかるもの)
・直近3ヶ月の入金状況がわかる通帳のコピー
・商業登記簿謄本

重要なのは、利用者の会社の概要と経営状態を示すこと、売却する債権が本当に存在することを証明することです。

ファクタリング申し込み後に準備しようとすると時間がかかってしまうので、普段から準備しておくことをおすすめします。

事前にファクタリングの申し込みをネットからしておく

いきなりファクタリング会社に申し込みの連絡をしても、営業時間の制約などで即日入金は難しい場合が多いです。

必要な書類や手続きをその場で伝えられても、すぐに対応できなくなる場合が多いためです。

申し込みの際は、事前に利用したいファクタリング会社の公式サイトにアクセスし、事前に買い取り希望額や必要情報を送信してネットで問い合わせましょう。

公式サイトでは24時間365日受付をしているので、事前に整理ができます。

気を付けたいのは入金してもらいたい日にいきなり電話しても資金化はできないことです。

ファクタリングの審査に必要情報は正確に伝える

ファクタリングを申し込んだ際、会社の資金繰りや売掛金などの状況について聞き取りされることがあります。

この時は、正直にあるがままの状況を伝えるようにしてください。

印象をよくしようと、苦しい資金繰りを隠そうとしてはいけません。

ファクタリング会社にとって、利用者がなぜ資金が必要なのかという情報は審査において非常に重要となります。

資金繰りがそれほど苦しくないのに資金調達しようとしているとすると、何か裏に隠した事情があるのではないか?嘘をついているのではないか?と怪しまれてしまいます。

ファクタリングでは利用者のモラルや人格も大事な審査項目です。

曖昧ですと、ファクタリングで資金調達するのは難しくなってしまいます。

資金が必要な理由をわかりやすく伝える

ファクタリングの審査早いポイントでは資金を何に使うのか、はっきり伝えることも大事です。

ファクタリングを利用する人は、何か資金が必要な目的があって申し込んでいます。

そうでなくとも、自社の状況を明確に伝えられないようでは会社の信用を損ねてしまい、やはり資金調達は難しくなるでしょう。

審査早いファクタリング会社の選び方

ファクタリング会社の中にも、審査が早く入金までのスピードが早いファクタリング会社と遅いファクタリング会社があります。

とくに審査早いファクタリング会社の傾向を押さえておけば、会社選びの参考になるでしょう。

2社間ファクタリングを選ぶ

2社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社の2社間だけで契約が完結するため、入金までのスピードを上げられるのが特徴です。

3社間の場合、契約に売掛先が参加するため、スピードが落ちてしまいます。

2社間ファクタリングは取引先にも通知がいきませんので、審査早く、ファクタリングを知られずに進められます。

中小規模のファクタリング会社

大手のファクタリング会社は資金力があり広告も数多く打てるため、多くの利用者を抱えています。

しかし、大手は内部組織の複雑さから手続きに時間がかかってしまい、入金までのスピードが遅くなってしまうことにも繋がります。

反面、中小規模の会社は組織がコンパクトなので審査・決裁のスピードも早く、総じて入金までのスピードも速くなります。

オンラインファクタリングは審査早い

最近では、非対面でオンラインでのみ申し込み可能なファクタリングサービスを提供していることもあります。

主に中小企業や個人事業主向けにファクタリングを提供しており、小口ファクタリングを得意としています。

即日での資金化の実績が多く、最近では大口向けのオンラインファクタリング会社も出てきています。

面談などのコストをカットしているためファクタリング手数料が抑えめです。

審査早いファクタリングは即日で資金調達可能

今までの大口を対象としたファクタリングでは、即日入金は難しいことでした。

しかし、もともと入金までのスピードがメリットのファクタリングがインターネットの活用で即日資金化が可能になっています。

そのためには、事前に必要書類の準備やファクタリング会社の公式サイトからの問い合わせを資金が必要なときより余裕をもってして行動することが重要です。

そうすることで、急な資金繰りに追われたときに柔軟に対応できます。

Summary
Review Date
Reviewed Item
ファクタリング 審査早い|即日で資金調達可能なファクタリング会社の選び方
Author Rating
51star1star1star1star1star

-ファクタリング

Copyright© ファクタリングとは?図解で仕組みを理解|即日資金化のコツをファクタリング コンサルタントが伝授|factoring-consultant , 2020 All Rights Reserved.