ファクタリング

ファクタリング会社は土日でも利用できる?注意点と休日対応している会社を解説

ファクタリング土日対応

☆☆☆☆
評価:4.44-3,522件

最短即日の資金調達が可能なファクタリング。では土日や祝日でも対応するファクタリング会社はあるのでしょうか?

土日対応しているファクタリング会社は少ない

ファクタリングは急いで資金調達したい会社にとって頼もしいサービスです。

場合によっては、土日または深夜に現金を調達して、すぐに使いたいということもあるでしょう。

しかしながら、土日祝を含む24時間365日対応している会社はほとんどなく、多くの会社は土日休みとなっているようです。

調べたところ、24時間365日対応している会社は東京に本社を置く「えんナビ」の1社しかありませんでした。
愛知県に本社を置く「株式会社J T C」でも同様の対応をしているようなのですが、地方の会社になるので利用できる人は限られてしまいます。

「えんナビ」は土日祝日でも連絡するとスタッフが対応してくれます。
もし週末にファクタリングについて相談したい、申し込みをしたいというなら、まずは「えんナビ」に相談してみるとよいでしょう。

土日対応可能のファクタリングの注意点

「土日祝日・24時間365日対応」を謳っている会社を利用する際に注意していただきたいことがあります。

それは、利用者がイメージするようなサポート・受付体制を提供しているわけではない場合があるということです。

ファクタリング会社がいう土日対応は、2種類のパターンがあります。

1.土日祝日でも会社にスタッフがいて、申し込みや相談に対応してくれる

2.土日祝日はメールの自動返信や電話の自動音声で対応し、週明けに対応する

どちらも「土日対応」には違いありません。

しかし、「土日対応」という宣伝文句を見たときに利用者の多くがイメージするのは、①のスタッフが直接対応してくれるパターンでしょう。メールや電話で済むなら、別に土日でなくとも週明けになってから直接問い合わせればよいからです。

このように、ファクタリング会社の宣伝文句を見て相談してみたら、思っていたのと違うということもあるので注意しましょう。

土日・祝日にファクタリングの審査をしてもらえるわけではない

もう一つ注意が必要なのは、土日に申し込みを受け付けてくれるファクタリング会社に申し込んだとしても、土日のうちに現金が手に入るわけではないということです。

なぜなら多くの場合、土日には審査を行なっていないからです。

ファクタリングで売掛金を現金化するには、通常利用者の経営状態や債権の内容について審査を行うことになります。

多くの会社では、土日に申し込んだら審査が開始するのは週明けの月曜日以降です。

つまり、土日に申し込みをしても現金を手に入れられるのは最短で月曜日になります。

少しでも早くファクタリングで資金調達するためのコツ

少しでも早く資金調達したい場合には、月曜日の朝一番に現金が入金されるよう段取りするようにしましょう。

この場合、遅くても土日の内には問い合わせまたは申し込みを完了ししておくことをお勧めします。

土日のうちに相談しておけば、ファクタリング会社も申し込み内容を把握して審査の準備ができますし、申込者に対してどのような書類が必要になるのか案内ができます。

必要書類を事前に用意できていれば、資金調達するまでのスピードも速くすることが可能です。

基本的に、審査は申し込みしたのが早い順で進みます。

人気のあるファクタリング会社には曜日を問わず、日々多くの問い合わせが寄せられています。

そのため早いうちに申し込みをしておかなければ、先に審査待ちの案件が溜まってしまい後回しにされてしまうことになります。

ただしファクタリング会社も商売なので、買取してもらおうとする債権の金額が大きければ、手数料の金額も大きいことが期待できるので、他の案件を後に回して先に審査してもらえることもあるかもしれません。

ただしこうした対応は会社によっても異なるので、原則はファクタリングの利用を決めた時点で早めに相談することをおすすめします。

ファクタリングで揃えておくべき書類

速く審査を完了させるためには、必要な書類を欠かさず揃えることが重要です。

必要な書類が足りないままだと申し込み書類が差し戻されるなどして、余計な時間がかかってしまうからです。

最低限、以下の書類は揃えておかないと審査は進められないと考えた方がいいでしょう。

ファクタリングに必要な書類

・売掛債権の存在を証明する請求書
・直近3ヶ月分の預金通帳のコピー

可能であれば、事前に以下の書類も揃えておくことをおすすめします。

必要な書類はファクタリング会社によっても異なりますが、以下のようなものがあればほとんどの会社で通用するでしょう。

ファクタリング審査が早くなる書類

・商業登記簿藤本
・印鑑証明書
・会社の業績がわかる書類(決算書・確定申告書)
・売掛先との取引に関する基本契約書(取引条件が分かるもの)
・売掛先との具体的な取引内容がわかる書類(発注書・納品書・請求書)
・入金履歴のある通帳

ファクタリングを利用したいが書類をすぐに準備できないという場合、早めにファクタリング会社に相談すると良いでしょう。

中には、書類が揃っていなくても手続きを進めてくれるファクタリング会社もあります。

また現時点でファクタリングを利用する予定がなくても、将来利用するときに備えて、事前に用意しておくと役に立つ場合があります。

土日に現金手渡ししてくれるファクタリング会社も

通常土日に入金してくれる会社は少ないものですが、ファクタリング会社によっては木曜や金曜にファクタリング契約を済ませた場合、土日の資金調達に応じてくれることもあるようです。

通常、木曜・金曜に契約をした場合であっても、金額によってはファクタリング会社が現金を準備する時間が必要になります。そのため多くの場合、入金のタイミングは週明けの月曜日になることが多いです。

しかし中には、買い取った分の現金をすぐに準備できる会社もあります。そうした場合、週末で口座振り込みできなくとも、手渡しで現金を渡してくれる場合もあるようです。

とはいえ、土日の手渡し対応をしてくれる会社はごく少数なので、あまり期待しない方が良いかもしれません。

まず、契約してすぐに現金を準備できるだけの資金量がなければ対応できません。ファクタリング業界は中小零細の会社が多いので、対応できる会社は限られてしまいます。

また手渡しを行っているとしても、新規で利用する顧客に対して手渡しするのは避ける場合が多いでしょう。

口座を通していないため現金授受の証拠が残らず、後でトラブルになった際に困ってしまうことがあるからです。

そのため、土日の手渡し対応に頼って資金調達計画を立てるのは避けることをおすすめします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
ファクタリング土日対応
Author Rating
51star1star1star1star1star

-ファクタリング

Copyright© ファクタリングとは?図解で仕組みを理解|即日資金化のコツをファクタリング コンサルタントが伝授|factoring-consultant , 2020 All Rights Reserved.